マクロビの先生に聞いた優しい味の『甘い野菜のスープ』

10年くらい前に興味があって、マクロビオティックの講座を受けたことがあります。

その時に教えてもらった甘い野菜のスープは、たまに飲みたくなるスープです。

作り方が簡単ですし、心の底からじわーと癒されるような優しい味のスープは、ストレスを軽減し精神を安定させる効果が見込めるだけではなく、糖尿病、低血糖症、アトピー、肺の問題などにも良い影響をもたらす可能性もあるとのこと。

そのレシピをこちらで紹介します!

 

甘い野菜のスープ

Vegetable Soup

材料 野菜はタマネギ、ニンジン、カボチャ、キャベツ、トウモロコシ、カブ、白菜などの中から4種類を選んでください。(ジャガイモやトマトなどは陰の食べ物とされているのでNGです)

甘い野菜からの甘味は、白砂糖やハチミツのような単糖類と違って血糖値をゆっくりと上げ持続させ、血液をアルカリ性に保つ働きがあります。

 

① 4種類の野菜をみじん切りにして鍋に入れたら、4倍の水を入れて火にかける
② 沸騰したら、鮒をしないで2〜3分煮る

③ 弱火にして更に20分煮たら、濾してで来あがり

Vegetable Soup

 

Eri
本来は味つけをしないで飲むとのことですが、私は天然塩で味付けします。野菜ももったいないので濾さずにスープにすることも。

とても優しくてホッとする味なので、たまに作ると良いかもしれませんね!

ちなみに、紫キャベツを使うとキレイな色になりますよ。